葬儀の知識について

家族葬であると知らされた場合

お葬式には通常の葬儀のほかに家族葬という葬儀の方法があります。

通常の場合訃報を知ったらお通夜に出席し告別式などにも列席する物です。出席できない場合は香典や供花を人に託したり、弔電を打ったりします。しかし家族葬の場合は、一般の方の参列、焼香、香典、供花、弔電などを辞退するご遺族が多く、訃報を知って慌てて駆けつけてもお断りされることがあるので注意が必要です。

ご遺族または、故人の遺志により家族葬が行われる場合、親や子、兄弟や場合によっては叔父、叔母、従兄弟、生前親しかった方のみでの葬儀になります。では訃報を知った場合、どのような状態なら参列できるのかできないのかの判断が難しいところですが、基本的に、御遺族から直接訃報を知らされた場合は参列して良いでしょう。また、訃報のお知らせを頂いた時に告別式の会場や、斎場の場所、時間などが明記されている場合も参列して問題ありません。それらの記載がない場合は参列は遠慮するのが好ましいでしょう。

無理に押しかけても先様のご迷惑になりますし、故人の遺志を無視する形になりますので失礼にあたります。香典だけでもという気持ちもありますが、ご辞退されている場合無理に香典を渡すと香典返しを用意する手間を増やしてしまいますので、やはりご遺族の意志をくんで遠慮するのがマナーです。参列した場合も普通の葬儀は式後会食などが用意されていることが多いですが、家族葬の場合それもないことが多いので、その場合は御式が終わったら喪主に一声かけて速やかに帰宅しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *