葬儀の知識について

家族葬のメリットとデメリット

故人を家族だけでお見送りする「家族葬」。

現在より親しい人だけで見送ってもらいたいと願う方も多く、家族葬を希望される方も増えています。では、この方式のメリット、デメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。まずメリットとしては、参列者が基本家族だけなので、参列者に対する気遣いが少なくなります。人は誰でも見知らぬ人への対応には疲れてしまうものです。気心の知れた人とだけで行うため、体力的・精神的負担が軽減されます。また受付等を必要とせず、参列する人も家族に限られるため、故人を偲ぶ時間を多くとることができるようになります。

一方、デメリットとしては、事前に周囲にしっかりと伝える必要があります。家族葬の場合、原則として家族のみで行います。そのため、事前にしっかりと故人の遺志により身内だけで葬儀を取り行うことを伝えておく必要があります。故人の意思であることをしっかり伝えずに取り行ってしまうと、「なぜ呼んでくれなかったのか」と批判につながる恐れもあるためです。また家族葬の場合は、費用が安く済みそう、とよく考えられがちです。確かに身内だけで葬儀を行うため式当日の返礼品の準備は少なく済みます。

ただし、周りの方から香典を受け取る機会が少ないため、香典で葬儀の費用を賄うことは難しいです。また、事前にお伝えしたけれど式に参列しに来た場合、後日弔問にいらして来て、香典を頂いた場合は返礼品を用意する必要があります。そのため、事前にある程度の費用を用意する必要があります。このように、家族葬には身内でゆっくり送ることができるというメリットと、周りに配慮する必要があるというデメリットがあります。これらを理解したうえで、故人の遺志をしっかりと尊重するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *