葬儀の知識について

希望する人が多い家族葬

時代と共に葬儀のスタイルも変わってきています。

これまでは一般葬が主流であり、一般葬は家族や親族をはじめとして故人と親しかった人や社会的に関わりのあった人々が参加していました。しかしながら、最近では様々な理由から一般葬よりも小規模な葬儀を好む人々が増えています。一般葬より小規模な葬儀には家族葬があります。その名前の通り、基本的には家族のみが参加する葬儀です。場合によっては三親等以内の親戚や故人と特に親しかった人が参加することもあります。家族葬を希望する人が多い理由はいくつかあります。

まずは現代の人々は以前ほど親族や社会との関係を重視しなくなったという理由が挙げられます。昔は働いている人が亡くなれば会社総出で参列するということもありました。しかし、今では代表のみの参加や電報によるお悔みも多いです。次に費用の問題が挙げられます。近年では医療の発達が凄まじいですが、その分治療費は高くなります。もし故人の治療費で金銭的な余裕がなければ大規模な葬儀は難しいと言えます。

このような理由もある中で最も多い理由は故人や遺族が望むからというものです。多くの人は最後のときは家族だけで過ごしたいと考えています。生前に色々な人と関わりがあったとしても、最期は落ち着いて眠りにつきたい、故人をお見送りしたいと思う人が増えているのです。もし故人とのお別れの時間を大切にしたいのであれば家族葬という選択も良いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *