葬儀の知識について

家族葬が多くなってきたのには

葬儀のあり方が以前とは大きく変化してきています。

以前は故人をしめやかに送ることがメインであるはずなのに、隣近所の人たちの儀式となっていました。何代も続く家族同士の付き合いがあった頃です。今では、核家族化が進んで、そして高齢化が進んできたことで、隣近所との付き合いが薄くなってきました。そこで、誰かが亡くなってもお互いが手伝うような風習も廃れて少人数で行うような家族葬となってきたのです。

経済的な部分でもずっと続いてきた相続というのもなくなり、それぞれが小さな生活をしながら暮らすようになってきたことで、葬儀にかける余裕が無くなってきたことも家族葬が多くなってきたことの1つになります。経済的に余裕があっても亡くなった人を本当に慕うような人たちだけで送る時にはやはり形態が家族葬となっている事もあります。生まれて育ち、生活をして老人となり亡くなっていく時に葬儀を行うのはみんなの中では当たり前で当然です。

ただ、その時に、今までのように誰彼、構わずに死亡を伝えて、葬儀に参列して手を合わせてきた葬儀ではなく、家族や親しい人たちだけで送りたいと思うのは自然なことです。他の人の目を気にして生きている間に信じる宗教は特になくても宗教色の強い葬儀をしたりしました。

しかし、家族葬で送る時には故人の思い、遺族の思いが反映された葬儀とすることができます。そして、家族葬できちんとお別れをすることができるのは、遺族にとっても心からの見送りになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *