葬儀の知識について

各葬儀社が設定する家族葬

現在は家族葬の比率が増え、インターネットでは各葬儀社が、ホームページで家族葬のプランを設定しています。

葬儀社が扱っているのは一般的な葬儀だけであって、家族葬をするのには特別な依頼をする必要があると考えている人も少なくありませんが、インターネットで葬儀について検索すると、ごく短時間に、ほとんどの葬儀社が両方の形態を設定していることがわかります。今や、一般的な葬儀にするか、家族葬にするかからまず選択するような状況です。一般的な葬儀をするのが当たり前という時代は、過去のものとなりました。

インターネットが普及する前は、人々が葬儀について比較検討する手段が事実上、ありませんでした。葬儀をする必要に迫られたときに、比較検討するというのは一般的には難しかったからです。各葬儀社に電話をかけて、面談をして、という手段がとれる喪主はほとんどいません。そのような余裕がある時期ではありません。そのため、病院にいた葬儀社や、しがらみなどで近い存在となった葬儀社に促されるまま、一般的な葬儀をおこなうのが普通でした。

葬儀社のセールスマンは、なるべく大きな規模に誘導するのが業務ですから、遺族にその意向があっても、家族葬が言い出せる状況ではありません。比較検討して選ばれるという状況でないと、リーズナブルな対応は期待できないものです。現在は、インターネットで比較検討して選ぶ人が増えたため、費用も形態も、利用者に選ばれるものを用意する葬儀社が多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *