葬儀の知識について

家族葬に関しての考察

時代と共に人の価値観や、死生観は変わっていくものです。

特に冠婚葬祭に関する価値観はここ10年で随分変わっていると言わざるを得ません。昔は霊きゅう車と言えば、宮型の絢爛豪華な金色の霊柩車が街をよく横断していました。しかし現代ではこうした絢爛豪華な宮型の霊柩車はすっかり影をひそめてしまいました。現代では黒塗りの車が霊きゅう車になっているのです。また葬式のスタイルにも変化を見ることができるのです。それは昔のように多くの参列者を招いての一般葬が行われなくなっているのです。出来るだけ小規模に葬式を済ませたいと考える人が多くなっているのです。

そのため家族葬を選択肢葬式を執り行う人が増えているのです。それは一般葬であると香典返しや返礼の品、食事の準備などに手間暇がかかるためです。また一般葬であるとこうした費用などがかさみ、葬儀費用も非常に高くつく傾向にある為です。そのため出来るだけコストを抑えようと家族葬や直葬が人気になっているのです。家族葬であると費用は30万円が相場であり、家族に費用面で負担をかけることが少ないのです。また埋葬自体も一般的な墓地に埋葬したり、和型の墓碑に拘る人が少なくなっているのです。樹木葬や共同墓を選択する人も非常に多くなっています。

こうした樹木葬は大きなシンボルの木の下に多くの人が一緒に埋葬されるスタイルを指すのです。墓石を準備する必要もなく費用も安くつきます。また墓石の清掃などの手間暇もかからず、遺族に煩わしい気持ちにさせることがありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *