葬儀の知識について

家族葬のメリットとデメリットは

家族葬は、家族など故人と本当に近い関係にある人だけで行う葬儀のことを言います。

いままでの葬式は参列者への気配りが必要になるので、残された遺族にとっては精神的な負担も大きいものでした。また葬儀の規模が大きくなればなるほど、費用も高額になります。家族葬なら小規模ですので葬儀のコストが抑えられるうえ、余計な気遣いもしなくて済むので、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができます。

ただし家族葬にはデメリットもあります。たとえば比較的新しい形態の葬儀なので、親族の中に保守的な人がいる場合は、あとでトラブルを招く可能性もあります。身内なのに葬儀に出席できないのはおかしいと考える人もいるので、余計なトラブルを抱え込みたくない人は慎重に検討したほうがいいでしょう。

またコストパフォーマンスに優れているとされていますが、参列者が少ないということは香典の額も少ないということも考慮しておかなければいけません。香典には相互扶助の考え方も反映されており、いただいた香典は葬儀費用に充てるのが一般的です。しかし家族葬となると一般参列者からの香典がなくなりますので、結果として葬儀費用の多くは自らの持ち出しということになります。もちろん基本的な料金設定は安くなっているのですが、結果的にはコスト高になってしまう可能性もありますので注意が必要です。このように家族葬にはメリットもデメリットも存在します。いざというときに慌てないためにも、生前からじっくりと検討しておくことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *