葬儀の知識について

家族葬を行う際の注意点-一般弔問客に対する配慮

家族葬とは、故人の近親者や親戚のみで小規模で執り行う新しい形態のお葬式です。

家族葬は単に一般の弔問客を招待する一般葬を小規模したものではなく、守るべきマナーも普通のお葬式とは異なる部分があります。家族や近親者でお葬式を行う場合は、故人の知り合いやビジネス上のお付き合いがある人の儀礼的な弔問を受け付けません。

このため、死亡の通知はお葬式を終えた後に行います。通知には既に近親者のみで葬儀が執り行われたことを含めます。家族葬がどのようなお葬式なのか知らない人がいるので、葬儀後に弔問に訪れたり香典料を持参する人もいます。実際に弔問や香典料を受け取ると弔問の対応や香典返しをしなければならなくなってしまうので、通知に弔問や香典、供物を断る文言も入れておくようにします。

文末には、葬儀を既に済ませたこと、すぐに知らせなかったことを詫びる一文を入れておくようにしましょう。家族葬を行う場合には、本来お葬式(一般葬)に招くべき人の訪問をお断りしている、ということに留意するようにします。葬儀に招かなかった人に配慮を示す必要があるのです。中にはどうしても挨拶に伺いたいと申し出る人がいたら、無理にお断りせずに受け入れるのがマナーです。訃報を喪中はがきで初めて知らされる場合があります。そのため喪中はがきで死亡の通知や葬儀を済ませたお知らせを行う人もいます。喪中はがきとはあくまでも年賀欠礼の挨拶状で、死亡通知や葬儀のお知らせではありません。喪中はがきは年賀状を出してくれた人に送ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *