葬儀の知識について

お葬式における身だしなみのマナー

お葬式で、派手な服装をするのはマナー違反になります。

お葬式にふさわしい服装を心がけて、静かに死者を送り出せる環境を作り出しましょう。遺族側のお葬式の衣装は、男性ならば略礼装用の黒いスーツを着ます。正式礼装が理想ですが、現在では略礼装でも十分に通用します。シャツは白、ネクタイは黒にします。無地のものを着用しましょう。スーツはシングルでもダブルでも構いません。カフスボタンには、黒い石の派手さのないものをつけるようにします。

ネクタイピンは、つけないのがマナーです。カラフルで目立つメガネや時計は、避けるようにしましょう。裾はシングルで、靴下と靴には黒を選びます。靴は光沢感の少ないものにしましょう。女性は洋装の場合、長袖の上着を着用し、スカートの丈を短すぎないように調整します。ちょうど正座をした時に、膝が隠れるくらいが適した長さです。タイツではなく、ストッキングをはきましょう。

無地のものが好ましく、光沢感のある装飾のあるものは避けてください。結婚指輪以外の指輪や、アクセサリーなどをつけないことが大切です。靴は光沢のない黒で、ヒールが高すぎないものが好ましいです。服装だけでなく、髪型やお化粧にも気を使いましょう。長い髪の人は、きちんと束ねるようにします。あまり派手さのない落ち着いたまとめかたにしましょう。髪飾りには、黒のリボン、バレッタなどを用いるのが無難です。派手さのないあっさりとしたお化粧にし、マニキュアをつけないように注意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *