葬儀の知識について

茨城の葬儀に参列する時のスタイル

冠婚葬祭は地域によってさまざまな風習があり、茨城県内でもエリアによっては葬儀の方法にも違いがあります。

近年では地域性が薄れつつあるものの、葬儀となるとマナー違反をしてしまうことによって故人の遺族にも迷惑をかけてしまうことにもなり、服装一つでも難しいものです。もしも遠方から茨城での葬儀に参列するという場合には、とくに地元の人にしきたりを聞いて間違いのないスタイルで行くようにしなければなりません。喪服はブラックフォーマルとも言われており、普段着でも活用できそうに思われるのですが、黒い色の生地であってもブラックフォーマル向きの漆黒の黒になるために共用は難しくなります。

仕事でも着るような黒のスーツとなると、黒であっても白っぽさがあることから葬儀の場に着て行けば失礼にあたることもあります。また、スーツに合わせて靴やベルト、ネクタイも黒に合わせることになります。女性の場合には、一般的にはワンピースにジャケットを羽織ったブラックフォーマルのスタイルが主流です。

葬儀では光るものはタブーとされているので、洋服のファスナーでもムシが見えないコンシールファスナーが使用されていたり、ボタンも布を包んだくるみボタンが使われているのが一般的です。茨城県内でもフォーマルウェアのショップやデパートのブラックフォーマル売り場で販売されているものであれば、マナーをわきまえた作りになっていて問題がないのですが、さまざまな種類の洋服を販売している店舗で買う場合には注意が必要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *