葬儀の知識について

千葉でキリスト教式の葬儀が行われるとき

冠婚葬祭には大体決まった文言を述べて参列します。

遺族や関係者に述べる葬儀のお悔やみの言葉にも、言い回しがあります。一般的なものとしては、このたびはご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます。お気を落とされませんように。などがあります。しかし宗教によってこの言い回しに微妙な違いがあるので、注意をしなければなりません。たとえば千葉でキリスト教式の葬儀に参列した場合、式の中身は違うけれど遺族に対するお悔やみの言葉は一緒だろうなどとタカをくくっていると、とんだ恥をかきかねません。

キリスト教では人の死は終わりではなく、神のもとに召されて永遠の魂になることを意味しています。したがって千葉で行われるキリスト教式の葬儀は、神に対する感謝や故人を懐かしむ儀式として行われます。仏教で使うご冥福をお祈りしますや、お悔やみ申し上げます。哀悼の意を表します。といった言葉は故人を召した神を冒涜することになりますので、絶対に使ってはいけない言葉になります。

これは人の死に対する宗教的なスタンスの違いなので、信者にとって譲ることができない問題とも言えます。千葉でキリスト教式の葬儀に出てご冥福をお祈りしますなどといえば、参列した人から白い眼で睨まれても仕方がないことになってしまいます。キリスト教の場合は、安らかなお眠りをという言い方が一般的になっています。同様に式を執り行う聖職者の呼び名にも、注意が必要です。プロテスタントの場合式を行う聖職者は牧師、カトリックの場合は神父です。間違ってもプロテスタントの牧師に、神父様などと呼びかけてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *