葬儀の知識について

葬式に贈る花のマナーについて

突然の訃報の知らせにどうしたらいいのかと焦ってしまう人は、多いのではないでしょうか。

特に若い人達は、お葬式をあまり経験した事がないために焦ってしまいます。そんな時最低限のマナーだけでも知っておく事は、人との付き合いの中で最も大切になってきます。まず知っておきたい事は、お葬式に贈る花のマナーについてです。花の金額の相場は地域や会場や故人との生前の仲によって異なってきますが、相場は約5千円から1万円になります。

これは複数の人達と一緒に贈るのもいいですし、1人で贈るのでもどちらでも問題はありません。もしセレモニーホールなどで式を行う場合には、ホールに直接電話をしてお花を贈りたい事を伝える事で代わりに手配をしてくれます。この場合には、お支払いは当日に現金で支払う事が可能かどうかも事前に確認しておく事が需要になります。お葬式の会場が自宅になる場合には、直接お花屋さんに行くか電話をして代わりに用意をしてもらえるように依頼しましょう。

近年では、インターネットで注文できるようにもなっています。お葬式に贈る花には贈っても良い花と、贈ってはいけない花があります。贈っても良い花の代表的な花には、白いユリや菊やデンファレやカーネーションや胡蝶蘭がよく使用されています。万が一、どの花にしたらいいのかわからない場合には、お花屋さんに直接お葬式用である事を伝えると専用の物を用意してくれますので、問題ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *