葬儀の知識について

静かに見送る葬儀の仕方

日本でも海外でも、故人の葬儀には多くの親類や友人知人が集まり見送るというのが一般的です。

しかし最近では、故人の家族やごく親しい友人のみが集まって、静かに葬儀を行うという「家族葬」が広まってきています。従来のお葬式の仕方ですと、次々と弔問に訪れるお客様の対応に家族は追われ、忙しさのなかでは中々故人を偲ぶことができません。

家族葬ですと、弔問客への対応に追われずに済みますので、生前の故人に想いを馳せて偲ぶことができます。また家族葬は故人が希望した葬儀の方法が反映されますので、それぞれ独自の弔い方を実現することが可能です。 家族葬は親しい人たちに囲まれて旅立てるという目的に加えて、費用を抑えられるので残される家族の負担を減らせるという利点もあります。通常のお葬式ですと、費用は平均で170万程度かかるとされています。170万の他にも御坊様へのお布施や弔問客に出すお料理などは別途かかりますので、さらに出費がかかってきてしまいます。無宗教方式で行う家族葬でしたらかかる費用は、通常のお葬式の半分以下の50万程度となります。

会場を借りないで自宅で葬儀を行うのであれば、費用はさらに抑えることが可能です。葬儀会社でも家族葬を取り扱う業者は、だんだんと増えてきています。家族葬をご希望されるのでしたら、生前予約も受け付けているので、業者に希望の条件を相談してみては。使う祭壇のサイズから、飾る花の種類まで細かく決められるので、満足のいくお葬式の生前準備もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *