葬儀の知識について

田舎で家族葬をするメリットとデメリット

田舎で家族葬をするメリットは、親しい人の集まりなので気が楽、告別式で失敗しても大丈夫などが挙げられます。

故人の家族や親戚、生前親しかった人達のみの集いなので、ほぼ顔見知りでもあります。そのため、見知らぬ人同士のように気が重くなることはありません。また、精進落としの際にふざけた話をしたとしても、冗談と認識してもらう寛容さも期待できます。気軽に物を言い合える気楽さもメリットと言えます。

あと、告別式で失敗したとしても、フォローしてもらえる可能性があります。それに、失敗しても身内同然の付合いの人が多いことから、みんな笑って受け止めてくれます。このように、失敗を恐れる必要なく告別式でスピーチできるのも良い部分です。デメリットは田舎で家族葬を行うと、不参加者からクレームがくることがある、香典収入を期待できないなどがあります。田舎でもあるので都会に住んでいる時は、諸事情で家族葬に参加できないことがあります。

そのため、不参加者から式の日をずらしてほしかったと言われることもあります。主に年配者に多いことですが、何とか説得してなだめるしか良い対抗策はないです。また、家族葬は香典収入を期待できないため、一般葬よりも費用がかかるケースも存在します。香典返しも必須なため、計算をすると赤字になる可能性が高いです。ただ、家族で費用を出しあうことにより、それらの赤字額を減少させることもできます。なので、それほど心配する必要はなさそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *