葬儀の知識について

家族葬に来てもらう人の範囲は

家族葬は故人と本当に親しかった人だけで行う葬儀です。

一般的な葬儀と比べて参列者への気遣いが不要になるので、遺族がゆっくりと故人との別れの時間を過ごすことができます。この家族葬はその名が示すとおり、家族だけで葬儀を行うことを前提としています。ただひとくちに家族といっても定義は人それぞれで、葬儀の案内をする人を限定するのは難しい場合も考えられます。

一般的に列席者は同居している家族、そして3親等あるいは4親等以内の親族までとする場合が多いようです。3親等以内であれば故人の兄弟の子どもまでがこの範囲に含まれます。もっともこれはあくまでも一般的な例の一つですので、普段からの親戚づきあいなども十分に考慮する必要があるでしょう。かといって無制限に列席者の幅を広げると家族葬の意味がなくなりますので、この点については生前からよく話し合っておく必要があります。また家族葬というからには、身内以外の参列はお断りするのが基本です。ただし絶対にダメというわけではなく、本当に親しかった友人など故人が参列を希望していたのであれば、列席していただくという選択もあります。

しかしこれを遺族の判断だけで実行するのは難しいことが予想されますので、この点に関してもやはり普段から参列者の範囲について話しておくことが大切になります。家族葬は新しい葬儀の形であるがゆえに、定義にはまだあいまいな部分が多く、それが原因で親族間のトラブルを招いてしまうこともあります。何よりも周囲の理解が必要になりますので、普段から希望する葬儀の形について周知しておくなどの配慮が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *