葬儀の知識について

家族だけで見送る 家族葬

身内や親戚のみならずご近所や顔見知り程度までを呼んで盛大にお通夜や葬式をするのが昔は当たり前でしたが、現在では極限られた人々だけを集めて故人を偲ぶ家族葬というものに注目が集まっています。

家族葬は近親者や血縁者など身内と呼べる人々だけで行なうもので、参列者も限って静かに送り出すことが出来ます。しかし家族葬をするのであれば事前にきちんとしなければ後々トラブルとなることもあるので注意が必要です。

まず、故人の知人や会社の繋がり、友人に至るまですべての人に故人を家族で見送る旨を文書で伝える必要があります。その際に香典や供花も受け取ることはしないことや、参列をされても持て成すどころか葬儀や通夜が滞ってしまう可能性があるので遠慮して欲しいという旨を確実に伝えておかなければいけません。

故人の最後に立ち会えないのは家族でなくても故人を知る人であれば悲しいことです。そういった家族や血縁者に含まれないけれど故人をとても慕っている他人に遠慮してもらわなくてはならないのが、家族葬ではとても重要なこととなります。これを怠ってしまうと、お通夜や葬儀に参列者が来てしまい、料理の手配ができず参列者の対応に追われてしまうなどということにもなりますし、参列できなかったと恨み言を言われてしまいかねません。通知は確実にしておきましょう。他に注意する点は、家族葬の規模です。どれだけの身内で行なうかによって葬儀屋のオプションが変わってきます。香典などで葬儀の費用をまかなう事は出来ませんので、慎重に決める必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *