葬儀の知識について

家族葬は安いけれども落とし穴も

家族葬の魅力は普段は付き合いのほとんどない参列者に気を遣うことなく、本当に故人と親しかった人だけで最期の別れを偲ぶことができることですが、そのほかにも遺族にとってはありがたいメリットもあります。

それは葬儀費用の安さです。一般的な葬儀を行った場合、葬儀費用だけで軽く100万円を超えることも珍しくありませんが、家族葬なら40万円から50万円で行うことができるのです。残された遺族のその後の生活を考えれば、葬儀に多くのお金を充てるのは非現実的です。

家族葬はこの問題も解決できる可能性がある新しい葬儀の形でもあるのです。ただし葬儀費用に関しては注意しておくこともあります。それは香典に関する問題です。一般の葬儀の際に参列者が持参する香典は、相互扶助の考え方に基づいたものでもあります。

参列者からいただいた香典を葬儀費用に充てることで、遺族の金銭的な負担を少しでも和らげようとしているのです。これが家族葬になれば、当然ながら香典の額は大幅に減少します。場合によっては遺族がすべての費用を自己負担しなければいけなくなるため、一般の葬儀を行うより金銭的な負担が増えてしまったという事態にもなりかねないのです。したがって故人や遺族の信念に基づくものではなく、単純に費用を抑えたいから家族葬を選択しようと考えている人は特に注意が必要です。本当に一般の葬儀をするよりもコスト面で有利な結果になるかどうか、しっかりと検討したうえで利用するように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *