葬儀の知識について

葬儀を行なう際に知っておきたいこと

一般的に行なわれる葬儀は、ほとんどの人は仏式で行なっていると言えます。

宗教によって異なるので、仏式以外にも神道式やキリスト教式などもあります。葬儀の種類は、規模によっても呼び名を変えることがあり、一般葬のほかにも、大規模な形で行われる社葬や合同葬があります。さらに、家族や親しい友人などだけで行われる家族葬、これと似たようなものであれば密葬もありますが、密葬は社葬などを行なうことを前提として、その前に身内だけでお別れを済ませて火葬を行なってしまうという場合に行われます。

年末年始などの時期に故人が亡くなってしまった場合に行われる場合が多かったのですが、近年では密葬だけで済ませてしまうところも多いとされています。ほかにも、本来ならば時間の掛かる葬儀を一日で済ませてしまう一日葬や、火葬だけ行ない葬式をしない直葬もあります。これらは費用や手間などが非常に削減される方法です。葬儀を行なう場所によっても、呼び方が変わる場合もあり、自宅葬のほかにも、会館葬や斎場葬、寺院葬、教会葬などもあります。

会館葬などは会場費用が掛かりますが、設備が整っているというメリットがあり、寺院葬などは宗教性が高く厳かな雰囲気の中で故人とお別れすることが出来ます。また近年では、故人のやりたいような形で葬儀を行なう人も多く、そういった人の為に自由な葬式をメインとした業者も数多く存在しています。これらは、無宗教葬、自由葬やお別れ式、生前葬、偲ぶ会などというように呼ばれ、場所や形式にも捉われていないものがほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *