葬儀の知識について

いろいろな葬儀の種類

葬儀の種類はたくさんあり亡くなった方や喪主がどの宗教の宗派に属するかなどによって、かたちが異なってきます。

最近では宗教にとらわれず葬儀が行われることも多いですが、事前にどのような形式で行われるのかを確認しておく必要があります。日本で最も多いのが仏式葬儀で宗派によって多少違いがみられることがあります。神式は仏式に次いで多く通夜を通夜祭、葬儀を葬場祭といいます。キリスト教式は宗派や教会によって式の流れが変わってきます。

無宗教葬儀は自由葬とも呼ばれ特定の宗教宗派にとらわれず、僧侶や神官、牧師や神父などを招かずに自由なかたちで行われます。個人葬は遺族が主催するもので喪主と施主は遺族の代表者が務めるのが一般的です。社葬は会社の創業者や社長、会社に大きな功績を残した社員、殉職した社員などが亡くなった時に行われる会社主催のもので費用も負担し、遺族と会社が一緒に行います。本葬は密葬のあとで行うもので社葬などの大規模な式のあとで行うことが多いです。

密葬は一般会葬者を呼ばずに遺族や特に親しい人など少数の人だけで行うものです。家族葬は家族やごく親しい人のみで行います。自然葬は山や海など自然に散骨する埋葬方法で宗教に関係なく行われ、故人の生前の意思であることも多いです。市民葬や区民葬は故人や喪主が居住している場合に利用でき、自治体が業者に依頼し最低限のものを低価格で行うことが多いです。生前葬は本人が生存しているうちに自分が主催して行われるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *