葬儀の知識について

葬儀に備えて知っておくこと

葬儀は故人との最後のお別れとなる冠婚葬祭行事の一つですが、結婚式などの他の行事と違い、準備をする期間が非常に短いため、さまざまなトラブルが起きやすく、注意が必要です。

トラブルが多いものとしては費用に関することであり、特に、利用した葬儀会社の見積もり以上の請求がくるといったケースが多くあります。葬儀はパッケージプラン別で費用が定められ、パッケージされていないことは全てオプション扱いとなるりますが、葬儀という不慣れな行事においては、必要なことと不要なことの判断が付きにくく、葬儀会社のオススメを付け続けていくことで、気付かぬうちに費用が跳ね上がることがあります。

そして、遺族にとっては、故人の臨終により肉体的にも精神的にも疲労が蓄積してしまい、冷静な判断が付きにくい状態でもあります。納得のいかないことや、必要性に疑問を感じる項目があれば、喪主の経験のある方などに相談してみると良いでしょう。特に費用が跳ね上がるのは祭壇や献花代、香典返しとなります。

地域によって違いはありますが、祭壇の費用を比べるだけでも業者の違いが出てくると言えますので、一社ではなく数社から見積もりをとり、よりよい条件の業者を選ぶことをお勧めします。時間の余裕がない場合は、長きにわたって経営を続けている業者であれば、それだけ信頼がおける業者といえ、地域の特性にも詳しい可能性もあるため、適切な料金設定とアドバイスが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *