葬儀の知識について

広がる家族葬の魅力とは

親戚付き合いの変化から葬儀スタイルも変化があり、家族葬を選択する家庭も多いでしょう。

家族葬とはごくわずかな親族のみで故人を送りだす葬儀スタイルでかつての告別式などの多い弔問客の対応で中々故人との時間が取れない中、多くの弔問客を省く事でより遺族と故人が向き合える時間を取れる為、遺族にとっても時間的にゆとりを持って満足いくお別れが出来るとして選ぶ家庭が増えています。また規模が小さい為、葬儀費用も抑える事が出来る点も無駄な出費を嫌がる故人の強い希望のケースも多く見られます。

家族葬のスタイルを導入している葬儀会社も多く、必要最低限を一式としたセットプランとして用意している所も多いでしょう。会食など必要に応じてオプションをつける事も可能でしょう。一方で家族葬を選択する事でデメリットも生じています。ごく一部の親戚や家族しか葬儀に出席しない為、故人の友人など葬儀が終わった後で弔問を希望するケースが多い事や一部の遺族からは規模の小ささなどから家族葬に対して反対の声があるなど親戚間でも意見が分かれる事も多いでしょう。

この為、葬儀終了後に遺族がバタバタする事も想定されます。しかし着実に葬儀スタイルとして認知され選択する家庭も多い為、認識やイメージもそれぞれであり、特に故人から残された遺族に金銭面で心配する事もあり、故人の希望で生前に取り決めをする人も多く、今後も利用する家庭は多くなっていく傾向があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *