葬儀の知識について

冠婚葬祭というのは葬儀の準備が

一言に冠婚葬祭といっても色々とあるわけですが、葬式の準備がいきなりになる可能性が最も高い儀式です。

冠婚葬祭の中でも急にやる必要が出てくるときが多いです。それに準備をしておく、ということが不謹慎であるとされる場合も多く、事を進めるのに敏であると非難されるときもあります。ですから、極めて面倒なことではありますが、儀式としてはとても重要でもあります。葬儀業者に丸投げしてもよいですが、基本的には自分でどうにかしたほうがよいことではあります。つまりは、細かく指示を出すべきです。

大雑把な見積もりは出してくれますが、冠婚葬祭関係の業者によくあることとして、かなり多目に見積もられます。特に想定できないことが集まる人数です。招待状を出すわけではありませんから、誰がどのくらいくるのか、というのがはっきりしないです。ですから、そこまで細かい見積もりが出せない、という事情もあります。食事は特に多めに用意するのが常識ですし、花なども会場の広さによって変ってきます。

そのあたりが細かく出るのであれば、特に問題ないですが、これが葬儀でよく揉める要因になります。要するに見積もりよりも相当に高くなった、ということで揉めます。それと準備はともかくして、当日は直系の遺族は何もしないことが基本です。つまりは、いざ葬儀の日には座っているのが当たり前ですから、細かい支持を出せないのです。ですから、前準備はよいですが、当日に一気に費用が嵩むことが起きるときもあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *