葬儀の知識について

冠婚葬祭における葬儀は準備しておくべし

冠婚葬祭の中の葬儀は、予めどんな形にしたいのか準備しておくといいでしょう。

極端な話をすれば、生前葬と言って自分が亡くなる前に自分好みの葬儀をあげる方法もありますし、そうでなくても亡くなる前にどれくらいの規模にするかは決めるなど、ある程度の準備はした方がいいのです。冠婚葬祭の中でも葬儀はつらい儀式なので、あまり考えたくない気持ちはわかりますが、生きとし生けるもの全て死は訪れます。日本では基本的に亡くなったら火葬をして埋葬することになっています。

その際に行われる葬儀をどうするのか決めるべきなのです。葬儀に誰を呼ぶのかなど細かく決める必要はありません。規模、そしてかける金額を決めればいいのです。盛大に弔ってほしいのか、逆に家族だけでひっそりと弔うだけでいいのかなど決めればいいのです。最近では残された家族に面倒をかけたくないと費用を抑えた家族葬などが人気です。100万円は超えると言われる費用もこれなら高くても30万円程度で済むと言われます。冠婚葬祭でも喜ばしい「婚」が最も費用がかかります。

ただ、たくさん客が集まればそれだけご祝儀もふくらみ、逆に大きな黒字となるのです。しかし一方の「葬」の方はというと香典の額は下手をすると結婚式の10分の1程度と少ないので、盛大にすればするほど赤字になってしまいます。盛大な式を行いたいなら、数百万程度準備しておくことです。残された家族に迷惑をかけないように、予め式をどうするか決めておくことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *