葬儀の知識について

家族葬の料金トラブルを防ぐ方法とは

家族葬は、家族と親族、故人と親しい友人などを中心に行なう葬儀のことを言います。

必ずしもはっきりとした概念があるわけではありません。従来の形式的な葬儀とは異なり、故人との最期の時間をごく親しい人達で過ごし、温かく送る葬儀であると言えます。家族葬の特徴としては、これまでの葬儀の内容や形式にとらわれることなく、残された家族が主体となってどのような葬儀に決めることになります。

その為、故人らしい葬儀を行なうことが出来ます。一般葬と比べると、料金が安く済むというイメージがありますが、場合によっては必ずしもそうであるとは限りませんので、注意が必要です。葬儀に参加することが出来るのは、ごく親しい人だけです。

そのため、故人の最期に別れをしたいという場合には、出来ない可能性もありますので後々のトラブルに発展する可能性もあります。また、葬儀後に亡くなった事を知った友人や知人が聴聞に来る場合もあります。その対応に時間が割かれる場合もあります。

故人の人間関係を正確に把握することは簡単なことではありませんので、安易に家族葬を選ぶのは避けるようにしましょう。なお、様々な葬儀でのトラブルを防ぐためには、あらかじめ葬儀にかかる料金や内容について話し合いを持つということが重要になります。料金については分からないことも多くある場合もありますので、分からないことや不安に感じることがあれば葬儀社に確認するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *