葬儀の知識について

葬式費用の負担の仕方

人は誰でもいつかは亡くなりますが、亡くなった後の見送り方は、オーソドックスなお通夜とお葬式を行う場合から、密葬や家族葬などさまざまです。

とくに最近では、身近な親族だけで執り行う家族葬が増加する傾向にありますが、故人の親族から友人知人など、有縁の人が一堂に会するオーソドックスなお葬式は、普段一斉に集まる機会の少ない人々が一時に会して、故人を偲び互いに慰め合うことができるのが長所です。

お葬式のスタイルを、密葬や家族葬など、少人数で執り行う場合と、縁者を呼ぶ場合では費用にも違いが生じます。ところで、故人の財産は、法律上喪主が一人で引き継ぐものではなく、相続人全員が民法で決まっている相続割合で引き継ぐのが原則です。

その場合でも、お葬式の費用は故人の財産から支出することができますが、相続人間で分割する前は、財産は相続人の共有財産です。お通夜やお葬式の執り行い方、会葬者へのお食事やお礼の費用についても、後で相続人間の争いのタネにならないように、いちいちみんなで打ち合わせをするのは非現実的ですが、他の相続人からも、喪主に方法は任せるなどの合意をしておくと安心です。

人が亡くなると、金融機関の預貯金の口座や有価証券、財産や債務は、相続人の間で合意がなければ出金や取引ができなくなります。また、銀行が知らなければ、カードで引出しはできますが、その場合、将来、他の相続人とのトラブルの元になってしまいます。個別の費用は置いておくとしても、招待する知人の範囲などは、相続人の間で打ち合わせをしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *