葬儀の知識について

葬式費用の内訳について

葬式に必要とされる費用は、地域や形式によって大きな違いがありますが、一般的には100万円から200万円程度となっています。

近年よく見られるような、近親者だけで執り行う葬式であれば、50万円以内で済むプランもあります。いずれにしろ、焦ってすぐに決めてしまうようなことはせず、複数の葬儀社に見積もりをお願いし、比較検討することが重要です。

通常の葬儀の内訳には、葬儀場に掛かる経費とお寺に支払う経費の2つが存在します。葬儀場の見積もりには、お寺に支払う経費が含まれないことがあるため注意が必要です。葬儀場に支払う経費には、通夜における飲食代のほか、葬式の際に飾る供花や供物など装飾品一式、通夜や葬儀を執り行う際の会場費、控え室の代金、火葬代や貸し切りバス代、霊柩車費用、引き出物代など多岐にわたります。

お寺に支払う経費には、お経代や人数分のお布施、戒名代のほか、初七日法要代などがありますが、葬式の際に初七日法要までを一括して執り行うことで、初七日法要代を節約することもできます。これらの経費の中には、いくつかのオプションの中から選択できるようになっているものがあり、選択するものによって全体の経費も大きく変わってきます。

例えば、供花には数段階のランクがあり、ランクの上の物ほど見栄えが豪華になりますが、費用も嵩み数十万円以上の物も存在するほか、ランクの低い物であれば数万円程度で済みます。お寺にお願いする戒名についても、文字数によって代金が異なり、文字数が多いほど代金も高額になります。各オプションの選択内容は、業者との打ち合わせで決まるため、葬式の費用を抑えるには事前に出来る限りの情報を収集し、人任せにしないことがポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *