葬儀の知識について

葬式の費用の目安について

葬式の費用は、結婚式など冠婚葬祭に共通する点として地域による差が大きくなります。

葬式および寺院へ支払う費用や飲食費接待費を含めた場合の総費用は、東北や関東、東海地方などで230万円前後が見積られている一方で、北海道や九州四国地方では150万円以下と大きなばらつきが見られます。また全国平均は2007年度で230万円程だったものが、2011年度は200万円程と近年葬式予算は減少傾向が見られます。

葬式でかかる費用の内訳としては、葬儀社に支払う葬儀費、斎場の使用料などの実費、そして寺院などへのお布施などに分けられます。葬儀社へ見積もりを依頼した場合、一式金額と提示されても葬儀費に実費が含まれておらず、別に請求される場合があるため見積もりの明細の確認が必要となります。

葬儀費は祭壇や棺、お花や司会者への謝礼などが含まれ、実費は斎場費や火葬料、精進落とし、送迎バスなどとなります。祭壇の設営には30万円からの金額がかかり最も大きな額を占めます。また斎場費は公営の場合は10万円前後ですが、民営となると20万円以上になる施設もあります。寺院へのお布施は読経料などのほかに戒名料が含まれます。

戒名とは故人が仏門に入った証として付けられる名前です。院号や位号が組み合わされることで格式が表され、全国平均の相場は20万円程になると見られています。宗派により異なりますが、最も格式が高い院号になる場合は100万円を超える場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *