葬儀の知識について

家族葬で実際にかかる費用とは

家族葬とは一般弔問客を呼ばずに、故人の家族や親戚のみで行う小規模なお葬式です。

このため、一般葬と比較して小規模で済ませることができます。会場や香典返しの品物、食事代も小人数分で済ませることができます。葬儀業者に家族葬を依頼する場合の費用ですが、基本プランの料金は最安で40万円前後です。ただし一番安いプランを選択すると見た目が貧相な式になってしまうので、少しグレードを上げて50万円~60万円ぐらいのプランに人気があります。基本プランの中に含まれていない搬送費や、遺体や遺族の移動が移動するための車両代、遺体安置料、食事代・アルコール代などが10万円~30万円程度かかります。

このため、葬儀社に支払う総額は60万円~90万円程度となります。家族葬では香典料を受け取りませんが、返礼品を用意する必要もありません。無宗教葬であれば葬儀社に支払う費用だけで済みますが、仏式や神式、教会式など宗教者に葬儀を執り行ってもらう場合には別途お布施や玉ぐし料、お礼が必要になります。仏式のお布施が一番高額で、30万円~40万円程度のお布施が必要です。

神式や教会式であれば10万円~20万円が相場です。家族葬でトータルで支払う費用は70万円~120万円前後となります。大まかな目安として、葬儀社の基本プランの2倍程度となります。家族葬では香典料を受け取らないので、一般葬よりも会葬者1人あたりの費用が割高になる場合があります。ちなみに一般葬であれば、お布施代も含めてトータルで必要な費用は200万円前後となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *