葬儀の知識について

家族葬の方法と留意すべき事項

家族葬とは、家族や近親者を中心に少人数で行う葬式のことを言います。

家族に負担をかけたくない、家族だけで静かに送りたい、などの故人や家族の意向を反映した形式です。家族葬には、特に決まった形式があるわけではありません。どのような家族葬にするかについては、予算や参列する人数、形式により異なります。葬式にかかる費用としては、祭壇、花代、料理代、火葬代が主な費用ですので、一般の葬式に比べて負担する金額は少なくなります。このような理由から希望する方々も増えているというのが現状です。ほとんどの場合は、従来から行われていた仏式の葬式を簡素化した形式となっています。

香典や供物、供花を辞退する場合もあります。また、少人数で行うことから、参列者一人一人にお礼が述べられることは利点の一つになります。家族葬を身内だけで行った場合には、概ね二週間以内には、故人の知人、友人、元の職場仲間等関係のあった方々に死亡した旨を連絡することです。その連絡には、故人の意思を尊重して、身内だけで見送った旨をしたためて送ります。故人が交際範囲の広い方や、仕事の関係で付き合いの多かった方の場合には、葬儀に参列できなかった方への配慮も必要です。

日を改めて、ホテルで「お別れの会」を開いたり、故人を偲ぶ会を開催するケースもあります。葬儀に参列しなかった方から弔問に訪れたい旨を連絡されてくる場合もありますが、そのような時には、お別れの会への出席をご案内します。弔問の意思のある方への配慮も必要なこととなります。家族葬は近年ふえつつありますが、故人や家族の意思を尊重しつつ、葬儀に参列しなかった方への配慮も必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *