葬儀の知識について

遺族だけが集まって無理なくお別れできる家族葬とは?

身の回りの近しい人が亡くなると、遺族は葬儀のために慌ただしく調整や打ち合わせ、準備に駆け回らねばなりません。

また、葬儀が始まると参列してくださった方々へのご挨拶などが忙しく、大切な方とのお別れのひと時を実感することなく、時間があっという間に過ぎ去ってしまうのが実状です。これでは故人と遺族にとっての心温まるひと時を過ごしたいという切なる思いとは真逆の方向性を辿ってしまいます。このような状況を打破して、まずは最も近しい遺族とのお別れの時を大切に演出することを重視した葬儀のスタイルが家族葬です。

家族葬の特徴としては、故人の友人や知人といった外部の参列者への案内を行わず、あくまで家族だけで小規模な葬儀を行って故人とお別れのひと時をしめやかに行います。そのスタイルに関しても家族や故人の意向に沿って様々な様式を選択することができ、遺族が揃って食事をしたり、故人の好きだった歌を歌ったり、あるいは趣味や思い出、功績について語り合いながら、小規模ではあるものの無理のない葬儀を執り行います。

家族葬にはこのようにあえて規模を抑えることで、遺族にとって無理のない状態を整え、故人とのお別れをゆっくりと落ち着いた形で進めていきます。外部の参列者を招いてのお別れの会は後日改めて行うことも多く、この点に関しても葬儀社などとの打ち合わせによって速やかに調整することが可能です。遺族にとっても勝手を知っている親族だけが集まってリラックスした雰囲気で式次第を行えることもあり、家族葬は人気の高い葬儀のスタイルと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *