葬儀の知識について

家族葬のメリットとは

近年、核家族化や少子高齢化の進行、ご近所づきあいの希薄化、価値観の多様化などにより、家族葬への注目が高まっていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

最大のメリットは、アットホームな雰囲気の中で葬儀を行え、故人との時間をゆったりと持てることです。ほとんど付き合いのない弔問客に囲まれて、形式的な葬儀を行うよりも、本当に親しい人にだけ最後を看取ってほしいと考え、家族葬を選択する人は増えています。それから、参列者への気遣いに追われることがないため、家族の精神的・体力的な負担が軽くなることもメリットとして挙げられます。

一般の弔問客の方へおもてなしの必要がないので、意外に大変な受付や会葬返礼品の準備がありません。これは、大切な人をなくして辛いときには、少しでも精神的に助かることでしょう。また、近親者のみで執り行う家族葬は、一般的なお葬式に比べて小規模なため、葬儀の費用が低価格になる傾向があります。

残される家族に葬儀費用で負担をかけたくないと思い、家族葬を選択する人もいるようです。ただし、香典収入に期待できず、一般葬よりも費用が高くなってしまうケースもあるので、注意しましょう。自由なスタイルでのお葬式ができるのも、家族葬ならではです。形式的な葬儀スタイルにとらわれず、故人ゆかりの物を飾り付けたりして故人らしさを表現し、故人との最期の想い出づくりができることは、遺族にとっても満足感が得られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *