葬儀の知識について

家族葬に呼ばれなかった場合に弔意を伝える方法

家族葬とは一般弔問客の儀礼的な挨拶や香典・弔電などを受け入れず、故人の近親者や親しかった親戚だけで執り行う少人数のお葬式です。

このため故人と親しかった人であっても、葬儀に招かれていない限りは参列すべきではありません。それに加えて家族葬では香典や弔電、供物を受け付けないケースもあります。香典を受け取ってしまうとお返しをする必要が生じてしまうので、遺族の方が断っているのに無理に香典や弔電を送る行為はマナー違反になってしまいます。

密葬であれば近親者以外の人でも後日執り行われる告別式の場で弔意を伝える機会がありますが、家族葬ではそのような機会が設けられることはありません。近親者だけで行われるお葬式に呼ばれなかったものの、失礼にならないように弔意を伝える方法があります。明確に香典、弔電・供物などが断られている場合には、これらの物を送ることはできません。そのような場合、値段の分からないようなお花を送ることができます。

大きな花輪よりも、目立たない小さめの花束の方が良いでしょう。手頃な値段のお花であれば、受け取る遺族の方にとって負担にならずに済みます。故人の希望で行われる家族葬では、一般弔問客の挨拶や香典などで遺族が負担にならないようにしたいとの故人の願いによって行われるものです。お葬式に招かれていない人も香典や弔電を送って弔意をお伝えしたいと思うかもしれませんが、故人の意志や家族の意向を尊重することがマナーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *