葬儀の知識について

今流行の家族葬について

近年、葬儀と言えば家族葬というくらい、家族葬が一般的になってきています。

家族葬とは、以前は密葬と呼ばれていた、身近な人やごく親しい知人のみでとりおこなう葬儀のことを言います。お別れの会、しのぶ会という名前でおこなわれることもあります。会場は自宅でおこなうこともあれば、セレモニーホールでおこなうこともありますが、セレモニーホールの専用会場を使うほうが、葬儀の際の祭壇設置や後片付けなども簡単であるため好まれることが多いようです。

家族葬の魅力は、その人らしい葬儀がおこなえることです。大人数が参列する一般的な葬儀は、故人の社会的なお別れという側面があり、家族、親戚、近所の人から、知人友人、会社の知り合い、趣味の知り合いなど多くの人がその人とのさいごの別れを惜しむものです。一方家族葬は、本当に親しい人だけでおこなえるので、好きな音楽をかけたり、好きな花を飾ったり、親しい人同士で故人の思い出話ができるといったメリットがあります。

また、参列者へのおもてなしに気を遣って故人を悼む時間がない、気疲れしてしまうというような心配もいりません。実際の流れとしては、一般的な葬儀とほとんど変わりません。重要なのは、なるべくなら生前のうちに故人の望む葬儀について話し合っておくことです。可能ならご本人と葬儀会社で事前相談を行えると良いでしょう。最近は、各葬儀社が事前相談会を積極的におこなっているため、いろいろな葬儀社と相談して信頼できる業者を選定しておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *