葬儀の知識について

家族葬に関しての考察

現代の日本では様々な価値観が認められる時代になっています。

人とは異なる考え方や感性であってもそれを受け入れるだけのキャパシティが日本にもできたのです。そのため冠婚葬祭と言う長い間普遍的で変化のなかったことに対しての価値観なども変化が見られるようになっているのです。その一つが結婚に対する考え方です。かつては顔合わせ、結納などを仲人を立てて行い、結婚式や披露宴はホテルなどの宴会場で盛大に執り行うのが一般的でした。

しかし最近の若いカップルは仲人の存在すら知らず、結婚式なども費用がかかるから行わない人も多くなっているのです。またこうした価値観の変化は葬儀にも見られるようになっているのです。昔から葬儀は一般葬で盛大に行うのが一般的でした。しかし現代では訃報を多くの人に伝えず、家族や身内だけで行う少人数の家族葬が人気になっているのです。日本人の寿命ものび、90代で亡くなったとしても知人や友人も90歳を超えておりほとんど亡くなっていたり、足腰が悪く葬式に参列できない人が多いのです。

そのため盛大に執り行わなくても家族葬で充分であると考える家族が非常に多くなっているのです。また家族葬にはメリットが様々存在するのです。それは参列者に気を遣わずに身内だけでアットホームな葬式を執り行うことができます。また費用が一般葬の三分の一程度で出来てしまうのが魅力です。遺族に費用の面で負担をかけず、非常に家族思いの葬式になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *