葬儀の知識について

家族葬は元気な内に話合い自分に相応しいスタイルで

最近、家族葬を選ぶ人が多くなってきています。

一般葬と違って故人と比較的ゆっくりとお別れができるので家族や親戚などの少人数で葬儀を終える人が増えてきています。高齢化が進み退職後の期間も長くなり、声をかける参列者も年齢とともに少なくなり、自然と少人数で見送るケースが多くなっていることが背景にあります。身内だけの葬儀は、気が楽な面が多いのです。家族葬の場合でも葬儀の流れは、一般葬と同じであり、いろいろな誤解も多くあったり、また、煩わしさや生花や祭壇、料理や返礼品といった費用もあまりかからないといったこともあります。

家族葬で行う場合には、身内が出す供花が親戚一同、兄弟姉妹一同といったごく限られたものになります。こじんまりとし、質素な印象を避けて祭壇の見栄えを良くしようとすると思った以上に費用がかさんできます。一方、残された家族の精神的な負担の面では、後になって訃報を知った人達からの連絡や弔問への対応に追われ、何時までも落ち着かないという精神的な負担を感じる遺族も多いと聞きます。

葬儀はやり直しができず、親戚や故人の知人からの不満も残された家族がすべて受け止めることになります。家族葬には、長所と短所とがあります。亡くなった後、家族にいつまでもつらい思いをさせるのは避け、早く気持ちを休めていただきたいところです。一般葬と家族葬のそれぞれの特徴をよく理解し、元気なうちに家族とよく相談し、自分にふさわしい葬儀のスタイルを決めておきたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *