葬儀の知識について

家族葬のメリットとデメリット

家族葬とは、故人の家族と近親者だけで行う葬式のことです。

弔問客を招かず、参加する家族や親族以外には葬儀後に報告を行います。密葬と同じと見られがちですが異なります。密葬の場合は家族だけで見送ったあとで改めて本葬や告別式が行われるのに対して、家族葬はそれだけで葬式として完結し、、改めて式を行わないのが大きな違いです。メリットとしては、参列者があらかじめ決まっているため葬儀社による予算が立てやすい、弔問客の対応に気を使わなくてよい、家族しかいない為故人とゆっくりお別れができる、少人数のため通夜振る舞いや返礼の品の費用が少なく抑えられるといったものがあります。

ただし、家族葬の場合であっても祭壇や棺桶などは通常と同様のものが使われるため、葬儀費用そのものついては一般の葬儀と大きく変わるわけではありません反対にデメリットとしては、近親者と家族以外の参列を断るため他の関係者から不義理を責められることがある、後から知った知人がばらばらに弔問に訪れることがあるためいつまでも対応に追われることがある、また前述のとおり葬儀の費用そのものは一般の葬儀と大きく変わらないため香典や弔問費が少ない家族葬は葬儀費用と相殺できない場合があるなどです。

故人との最後のお別れ方法は、残れた家族が心をこめて行う大切なセレモニーです。家族と身近な人たちだけで送りたいという希望があるなら、メリットとデメリットを踏まえた上で家族葬を選択してみるのもよいことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *