葬儀の知識について

家族葬に関するマナー

家族葬は一般の葬儀と違う点が多いのでマナーを知っておくと慌てずに済みます。

一般のお葬式は訃報を聞いたら出席するものですが、家族葬とは一般の方の参列の辞退を御願いされることが多く、無理に参列するとお断りされることがあります。葬儀自体は家族、親族まれに、ごく親しい友人などで執り行われます。それも、故人の兄弟と子供のみで行われることもあれば、叔父、叔母、従兄弟まで含まれることもあります。これは故人の遺志や喪主の決める事です。訃報を知った時に家族葬であるという事が知らされていて、案内をもらっていない場合は参列を辞退しましょう。

参列願いをもらっていないのに慌てて駆けつけてしまうとご迷惑をおかけすることになりますので注意しましょう。基本的に参列願いを頂くか、案内を頂かなくても直接ご遺族から葬儀がある旨知らされた場合は参列しても良いと判断します。また、訃報案内を頂いて葬儀の場所や地図が書かれている場合は参列しますが、訃報のみの報告で葬儀の場所の記載がない場合は参列を辞退しましょう。参列する時のマナーですが、家族葬の場合、香典、供花、供物を辞退されるケースが多いので素直にしたがってください。良かれと思って持っていくとかえってご迷惑になります。

何も記載がなければ持って行っても大丈夫です。また、香典など辞退されている場合受付がないのでご挨拶が出来ない場合も多いですが、一般のお葬式とは違いますし近親者としての参列ですので直接声かけをしてもマナー違反にはならないでしょう。普通のお葬式は後に会食などがありますが家族葬の場合ない事も多いので長居はせず、一声かけて帰宅しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *