葬儀の知識について

家族葬とはどのような葬儀なのか

最近よく見聞きする「家族葬」とは、いったいどのような葬儀のことか、ご存知ですか?この言葉は、1990年代に、「家族中心での小さな葬儀」を表す言葉として作られた造語で、明確な定義はありません。

一般的には、儀礼的な弔問等はお断りして、身内や親族・ごく親しかったなどのごく内輪だけで行う葬儀の事を言います。多くの場合、通夜や葬儀・告別式、火葬といった一連のセレモニーを通常通り行うため、通常の葬儀の小型版や縮小版と言えます。葬儀の規模が小さくなりますので、一般の葬儀と比べると低価格で行えるという特徴があります。ただ、ひとくちに家族葬と言っても、「家族」の範囲にどこまで含まれるかの認識は人それぞれです。

離れた所で暮らしている、故人のきょうだいは、「家族」に含まれるのかどうか等、事前にしっかりと話し合って決めておく必要があります。更に、故人の友人や知人には全く声をかけないで家族と親族だけで行うか、故人とごく親しかった人には来ていただくのか、どなたまでお知らせするのかや、香典や供花を受け取るか辞退するか等も、事前に話し合って決めておきましょう。

参列をお断りする場合や、香典や供花、弔電等を辞退する場合は文書を用意しておいた方が良いので、訃報をお知らせする場合は、その旨も記載しておきましょう。それでも当日参列にお見えになる方や、どうしてもと香典をお渡しくださる方、供花等を送ってくださる方が、やはりいらっしゃるケースが多々あります。その場合は、失礼にならないように、返礼品の準備等が必要です。このように、家族葬は小さな葬儀とは言え、事前の取り決めや準備がたくさんありますので、不安に思われる方は専門家に相談すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *